スポンサーリンク

M1グランプリ2015 審査員たちはどうみた?

2015/12/6(日)、5年ぶりに開催されたM1グランプリ2015が幕を閉じました。勝利の栄冠を勝ち取ったのはトレンディエンジェルでした。

n07-300x300

この投稿では、誰が面白かった・面白くなかったではなく、審査員の採点の傾向について調べてみたいと思います。

採点結果からまず分かること

まず、採点結果(ラスト3組による最終決戦は含めず)を見てみましょう。

4

最終3行では、各審査員の最高点、最低点とその幅を掲載しました。佐藤さん(パンクブーブー)と富澤さんは点の幅が5点しかないですね(なんとなくお二人の優しい人柄が表れているような気がします)。石田さん、吉田さん、岩尾さんは点の幅が10点以上で、それなりにメリハリをつけてますね。

スポンサーリンク

採点結果を順位化してみる

少し見方を変えるために、審査員ごとに全9ネタの得点を順位化し、エクセルの機能を使って濃淡をつけてみました。

5

ジャルジャルとトレンディエンジェルに対する評価が特徴的です。ジャルジャルはほとんどの審査員が1位あるいは2位であるのに、礼二さんと増田さんの2名はそれぞれ7位、5位と比較的低評価でした。逆にこの2人が1位評価したのはトレンディエンジェルでした。

20150206_zenshoku_26photo04

相関係数をみてみる

次に審査員間の評価の関係性を測る目的で、相関係数(ピアソンの積率相関。計測対象は点数)を算出し、同様に濃淡をつけました。

6

少し、順番を並び替えてみましょう。

7

やはり、礼二さんと増田さん間では約0.7と比較的高い相関ですが、他の審査員とは低水準であることが分かります(吉田さん除く)。徳井さん、岩尾さん、哲夫さんの3者間も約0.7と比較的高い相関でした。

    ※相関係数は-1~1の値をとり、正値の場合は一方が高い時に他方も高くなるという関係性を示します(正の相関)。逆に、負値の場合は一方が高い時に他方は低くなるという関係性を示します(負の相関)。また、値の絶対値が大きいほど、その傾向が強く現れていることを意味します。0のときは無相関で、線形の関連性がみられないことになります。

まとめ

礼二さん、増田さんの採点が特徴的でした。主観的な感想になりますが、二人は漫才の「技術」を重視して評価するタイプの審査員なのかなぁと思います。やはり観客の笑いの量など関係なしに、審査員独自の尺度でつけられた点数をみると、いいなぁと思いますね。

以下の2つのバナーを1日1クリックしていただけると、ブログ更新の励みになります!
にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村


芸人ランキングへ

スポンサーリンク