「比較」タグアーカイブ

私立大学合格実績を正しく評価する方法~上位○%につけておけば早慶レベル

いわゆる「進学校」のHPをみると大学合格実績が掲載されています。

しかし、これってあまりアテになりませんよね。国公立なら合格者のダブルカウントは基本ないのでいいのですが、私立大学の場合は優秀な生徒が複数学部合格して何回もカウントされてしまう可能性が大いにあるからです。私立の合格者数実績が卒業生数を超えている、なんてことはザラにあります。

このため、各校の合格実績をそのまま見ていても「この学校に入って学年の中で、このぐらいの位置につけておけば早慶に入れるレベルだな」といった知っておきたい情報を得ることはできません。

そこで、この投稿では各校の合格実績を学年で上位○%につけておけば早慶に入れるレベル(「早慶合格ボーダーライン」と呼びます)という情報に変換する方法をご紹介します。

続きを読む 私立大学合格実績を正しく評価する方法~上位○%につけておけば早慶レベル

スポンサーリンク

塾選びで合格実績をみるときに注意すべきこと~都立中高一貫校

子供が小学校中学年に差し掛かると、子供の同級生たちが塾に通い始めて、「うちもボチボチ塾に通わせるか。」と考え始める頃じゃないでしょうか。

塾選びのポイントとしては、塾の指導方針と子供との相性、値段、家からの近さ、中学受験を視野に入れたときの志望校への合格実績・・・などが挙げられますが、この投稿では「合格実績」に着目します。

具体的には大手塾の2016年の『都立中高一貫校』の合格実績を比較することで、各塾の特徴・傾向について考えてみます。
(なお、『都立中高一貫校』を取り上げた理由は、私の子供の受験(受検)を検討中で最近いろいろ調べたから、です。)

都立中高一貫校の募集人数・偏差値

最近、多少落ち着いたようですが、依然高い人気となっている都立中高一貫校。
勉強熱心な子供が集まって、授業妨害するような子もおらず、教師陣もそれ相応。ある意味「良い環境」で学業に専念でき、かつ、学費も公立の水準。子供の学業は応援したいけど、中学から私立に行かせられるほどは経済的な余裕がない方には、都合がいいでしょう。

まず、都立中高一貫校(一校は区立)について簡単にまとめておきます。

4

いずれも偏差値63オーバーで、小石川は70です。最難関私立までの水準ではないですが、倍率をみても4~8倍と「選ばれた子供」が行くことがよく分かります(実質倍率は高い箇所に赤色、低い箇所に青色網掛をつけました)。

続きを読む 塾選びで合格実績をみるときに注意すべきこと~都立中高一貫校

スポンサーリンク

リバースモーゲージ銀行別融資条件比較

最近、老後の生活資金の調達方法のひとつとして言葉が浸透しつつある「リバースモーゲージローン」。各銀行が扱う商品でいくつか相違点はありますが、共通項としては「主に自宅を担保にして融資を受け、債務者の死後に自宅が売却の上、返済されるローン」といったところでしょうか。

日本での歴史は比較的浅く1981年に武蔵野銀行が導入したのが初と言われています。自宅に住みながら融資を受けられる、というのが本商品の特徴です。この投稿ではリバースモーゲージを活用する際に注意すべき点として、どういう条件(地域、債務者の年齢)なら貸してくれるのか、どういう条件(上限金額)で貸してくれるのか、についてまとめてみました。以降、リバースモーゲージを取り扱う主要な銀行の審査基準を比較しながら、ポイントを挙げていきます(※情報は2016年8月時点)。

P1000852

続きを読む リバースモーゲージ銀行別融資条件比較

スポンサーリンク