2016年セ・リーグ投手をセイバーメトリクスでみる~阪神の覚醒選手

プロ野球で投手のタイトルとして、最多勝利、最優秀防御率、最高勝率などがありますが、どの数字も運の要素や不公平感がありますよね。

例えば、勝利についてはいくら自身が相手打線を0点で抑えても、味方打線が点を取ってくれなければ「勝ち」はつきません。防御率も登板する試合の球場によって点の入りやすさが違いますし(狭い球場はホームランが出やすい)、味方チームの守備力も影響してくるでしょう。

そこでこの投稿では、投手の力を評価する指標のひとつとして「BABIP」(バビップ)をご紹介します。この指標で投手を比べることで、さきほど触れた球場や味方チームの守備力などの有利・不利の影響を極力除外して、投手の実力をより正当に評価することを意図しました。

そして「BABIP」を利用したとき、意外な最強ピッチャーが判明します。

スポンサーリンク

BABIPとは?

[Batting Average on Balls In Play]の略で、『バビップ』と読みます。次の式で計算します

BABIP=(安打数-本塁打数)/(打数-本塁打数-三振数)
※分母に犠飛を足す定義もあり

要はボールインプレーとなったときに、ヒットになる確率ということです。本塁打、三振が分母から引かれているのは、ボールインプレーの状況を想定しています。

今回の投稿では、事前に球場の守りやすさとチームの守備力について2016年セ・リーグの全試合のデータをもとに評価し(回帰分析)、各投手の登板状況(どの球場で、投球回数をどれだけ投げたか)に応じて、想定されるBABIPを算出しておき、実際のBABIPとの差をみることで、その投手の真の実力を図ります。

最強投手ランキング

早速、前述の方法でみたときの最強投手三傑をみてみましょう。

第三位.吉見 一起(中日ドラゴンズ)
yoshimi
出典:www.onyone.co.jp

2016年成績:6勝7敗、防御率3.51
BABIP推計値0.331に対し、実績値は0.302
2005年 希望入団枠。2009,2011年には最多勝利賞を獲得するも、2013年以降は右肘の不調などもあり3年間で4勝、5敗。勝敗では負けが先行しているが、BABIP評価では3位と完全復活も近いかもしれません。

第二位.石田 健大(横浜DeNAベイスターズ)
ishida
出典:nanjde.blog.jp

2016年成績:9勝6敗、防御率3.94
BABIP推計値0.308に対し、実績値は0.264
2014年ドラフト2位。2015年は2勝、6敗(ただし防御率は2.89!)の成績でしたので、2016年シーズンにブレイクしたという印象です。ラミレス監督からの信頼も厚く、さらなる進化が見込まれます。

第一位.岩貞 祐太(阪神タイガース)
iwasada
出典:m.sponichi.co.jp

2016年成績:10勝8敗、防御率3.09
BABIP推計値0.318に対し、実績値は0.268
2013年ドラフト1位。過去2年は2勝、5敗と1軍に定着することもできていなかったが、2016年シーズンに覚醒。交流戦前後に調子を落としたものの最終的には二桁勝利に乗せました。奪三振率も高く、思い切りのいい投球が特徴。

参考までに、投球回数100回以上の投手についての集計結果を以下に掲載しておきます。

この見方だと、最多勝、最高勝率の二冠をとった野村祐輔は16位になります。

babip%e9%a0%86%e5%8b%9d%e5%88%a9%e6%95%b0%e9%a0%86

 

その他のランキング

今回の集計で副産物的に得られたランキングをご紹介します。

守りにくい球場ランキング

ワースト1:横浜(0.8278)
ワースト2:甲子園(0.8001)
ワースト3:マツダスタジアム(0.7791)
ワースト4:ナゴヤドーム(0.7042)
ワースト5:東京ドーム(0.6679)
ワースト6:神宮(0.6266)
※()内の数は被安打率を被説明変数としたときの推計値で、大きいほど守りにくいことを意味します

甲子園やマツダスタジアムは阪神の大和選手が「守りにくい」といっていたこともあり、それなりに納得感がありますが、横浜がワースト1なのは意外でした。

チーム守備力ランキング

ワースト1:阪神タイガース(0.2358)
ワースト2:ヤクルトスワローズ(0.1239)
ワースト3:読売ジャイアンツ(0.1231)
※()内の数は大きいほど、チームの守備力が低いことを意味します

阪神タイガースが突出して悪い、という結果となりました。確かに阪神は2016年、チーム失策数が97と最多でしたし、納得の結果です。
ちなみに残りの3チーム(広島、中日、横浜)の推計値はほぼ0で、ほとんど変わりませんでした。

こうやってみると、阪神は球場の要素でも、チーム守備力の要素でもBABIP(ボールインプレー被打率)が高くなりがちであることが分かります。そんな中、BABIPが0.268だった岩貞がすごい、ということなんですね。

まとめ

この投稿では、2016セ・リーグの投手成績について、球場やチーム守備力の要素を極力排除して評価するためにBABIPを用いました。

その結果、阪神タイガースの岩貞祐太投手がこの見方では最強投手であることが分かりました。

2016年シーズンに「覚醒」したとされる岩貞選手の来期以降のさらなる飛躍に期待します。

スポンサーリンク